画像工程

画像工程     画像工程

※画像をクリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。

 

お客様から頂いたデザインデータをグラビア印刷用の彫刻データに加工します

役割は ①企画部門 ②画像部門 に大きく分かれています。

 

企画部門

(使用ソフト=アドビイラストレータ、アドビフォトショップ)

  1. CMYK(藍、赤、黄、墨)で作成されたデザインデータを営業が入力した 製版指図書に従って(弊社では最多9色)に版設計する。
  2. 写真データの色調整
  3. デザインの作成
  4. 版下、写植の作成
  5. インターネットによるデザインデータの送受信
  6. 営業に代わって、お客様とデータ作成における打合せ。

 

画像部門

(使用ソフト=アートワーカー)

  1. リード線、見当トンボ、カラコン等)を配置する。 グラビア印刷用に柄と柄に重なり部(見当)をつける
  2. 写真データの色調整
  3. お客様提出用、ミマキによる商品カンプ、 色見本作成、出力
  4. 彫刻用データの作成